サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

ケータイ補償 お届けサービスってなんだ?


まだガラケーつかっているのですが」で書いたときに、携帯電話のある月の月額明細を調べました。このときに気づいたのが、「ケータイ補償 お届けサービス」。これってなんだっけ?





調べてみました


ドコモのサイトによると、「ケータイ補償 お届けサービス」というのと、「ケータイ補償サービス」というのがあるようです。2013年夏モデル以前の機種は「ケータイ補償 お届けサービス」、2013年冬モデル以降の機種は「ケータイ補償サービス」です。選べるのではなく、機種によってどちらかに加入できるということですね。

電話機のトラブル時に、お電話1本で交換電話機をお届け。

水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブルを補償。
お電話1本で1~2日以内に交換電話機(リフレッシュ品)を直接お届け。

交換電話機のお届けご利用時のお客様ご負担金
1回目:5,000円、2回目:8,000円


とのこと。


これって必要かなあ?


この携帯電話を買ったときに、契約の中身は見直しました。
その時は、携帯電話が新しかったのでこのサービスを残したような気がします。
買ったばかりで端末が壊れると嫌だなって思ったのです。

また、このサービスは購入後14日以内にしか入ることの出来ないサービスです。
「しばらくの間、保険代わりに入っておくか。」と思って残したものでしょう。

3年たった今


ガラケーはボロボロです。中古で同じものを買っても5・6千円でしょう。ということで、この携帯保障サービスは解約することにしました。

MyDocomoのサイトから解約することが出来ました。
たかが288円/月ですが、年間で3000円程度になるので無駄にはできません。
これで、月々の利用料が少しだけ減るでしょう。