サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

生まれて初めて新車(トヨタヴォクシー)を買った話(1)車種の決定

f:id:jujujun33:20170922190025j:plain

自分は今まで新車を買ったことがありませんでした。21歳の時初めて免許をとっても、学生だったためすぐには車を買えませんでした。幸いなことに親が買い替える車を譲ってもらい、乗り始めたのが車人生の始まりでした。

 

 

 

大学を卒業し、就職したころ。もらった車が調子が悪くなってきました。そんなわけで、人生初めて自分で自分の車を買うことになったのですが、当時は車にお金をかけられなかったので、中古車を探しました。

 

結局、最初に買った車はトヨタヴィッツ。20万円で購入しました。その程度で買った車ですから、年数も経過しておりあっという間にがたがきてしまいます。がたがくるたびに車を乗り換えることになるのですが、いつもお金がないので中古車で済ましていました。

 

借金をすれば買えるのですが、当時より借金があまり好きではなく、ワンミスでぶつけたり壊れたりする自動車に大金をかけたくないという思いから、いつも中古車で済ます自分。そんな中古車を乗り換えるやり方は、結婚しても続きました。

 

中古車を乗り換える方法が、自分としては間違っているとは思っていませんでした。確かに中古車を3台買うお金があれば新車を買えるわけですから、中古車3台分長持ちする新車を買えばいいのですが、基本的にマイナス思考な自分は、新車を買って壊わす恐怖から、新車を買うという決心はつかなかったのです。

 

しかし、今まで乗ってきた中古車が壊れた時、妻が言いました。

 

「買ってもすぐ乗れなくなる中古車を買うよりも、次は10年乗れる新車を買ったほうがいいんじゃない?」

 

たしかに10年乗れるのであれば、新車でも構わないのかもしれません。でも、乗れるかどうかわからないし…とマイナス思考が働いたのですが、今回は新車を買うことにしました。

 

人生一度は新車を乗ってみたいと思ったのと、次の妻の一言に後押しされました。

 

「あまり愛着のわかない中古車よりも、愛着のわく新車を大事に乗ってみるっていうのもいいんじゃない」

 

なるほど。確かにそれも一理あります。一度は体験してみないと新車の良さもわからないしなあというわけで、新車を買うことになりました。

 

では、どの車を新車で買おうか?愛着のわく車ということで、価格とかあまり気にせずに、好きな車を選ぶことにしました。子どもがいるということもあり、今度はミニバンということだけは決めていました。今までは普通自動車だったのですが、手狭だしおむつの交換とかが本当に不便でした。次はミニバンというのだけは決定事項でした。

 

ミニバンの中でどれが一番ほしいか…ミニバンで思い浮かぶのは以下の車種でした。

 

このあたりが思い浮かぶ車種。この中で一番気になるのは

 

 

 

 

 

ヴォクシーでした。

 

 


Toyota VOXY 2017

ヴォクシーといえば、一昔前は反町。そして瑛太。脈々と受け継がれる力強い父親のイメージ。これはもうヴォクシーしかないでしょ!?という感じでした(笑)

 

実際、家庭的なフォルムが多いミニバンの中で、ヴォクシーアルファードは男性受けしそうなフォルムでかっこいいですよね。そんなわけで車種はヴォクシーに決まりました。

 

 

sappolog.hatenablog.com