サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

追随ご苦労様です!ついにBIGLOBE LTE SIMも制限容量倍増!

格安スマホの普及により、格安SIMのほうも盛り上がってきましたね。それに伴い、価格競争・サービス競争が激しくなってきました。10月から「hi-ho」「So-net」「IIJmio」「IIJmio」「OCN」が制限データ容量を倍増し、最安プランだと1,000円程度で2GBが標準になってきました。

私が使用している「BIGLOBE LTE SIM」からは倍増の発表がなくやきもきしていたのですが、ついに11月から倍増との発表がありました!







月1GBじゃ少しだけ足りない


依然書いたとおり、私は「BIGLOBE LTE SIM」のエントリープランを利用しています。このエントリープランは、BIGLOBEのプロバイダー会員であれば、月額700円(税別)で月1GBのLTE通信が利用できるというものです(ちなみに、非会員は月額900円)。月額700円でモバイル通信が利用できるならということで、格安スマホである「ZTE Blade Vec 4G」を購入しました。

元々ガラケーオンリーだったので、月1GBあれば十分だろうと思っていたのですが、そうでもありませんでした(笑)。以下が今月(2014年10月)のLTEの利用推移です。




上記のグラフは、「BIGLOBE LTE SIM」の利用量をチェックできるアプリです。これを見ると、今月は23日時点で945MB使用済みで、ほとんど残っていないことがわかります。月1GBを超過しても使えなくなるということはないのですが、200kbpsという低速での接続になってしまいます。

先月も同様に月末には足りなくなるという状況でした。出来る限り家庭内やモバイル無線LANを使用してきたのですが、足りないという状況でした。


他社が倍増!BIGLOBEはまだか!?


そんななか、9月末に「hi-ho」が制限容量を2GBに倍増しました。それに従い、他の格安SIMSo-net」「IIJmio」「IIJmio」「OCN」なども倍増を表明。10月からサービスを開始しています。

BIGLOBE」からはそんなアナウンスもなく、やきもきしていました。11月に倍増にならなかったら、「他のSIMに浮気しようかな。」とも考えていました。ですが、ついに「BIGLOBE」も11月から2GBに倍増との発表がありました。よかったよかった。

元がNECグループということもあり、他の会社に比べて意思決定のスピードが遅い気がします。ですが、歴史もありしっかりした企業だと思うので、これからも「BIGLOBE」にはがんばってもらいたいと思っています。


プロバイダ会員なら月額700円で2GBのLTE通信


これで、プロバイダ会員なら月額700円の価格据え置きで、2GBのLTE通信ができるようになります。今までは外出先で若干我慢していたところもあったのですが、遠慮なくモバイル通信を楽しむことが出来そうです。

サービス提供者が多いと、価格競争やサービス競争が起こって、利用者の利便性が高まりますよね。競争過多はいけませんが、ほどおどの競争で低価格や新しいサービスが生まれるのはいいこです。今後もMVNOには期待しています。