サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

XAMPPインストール後、MySQLを使ってみる

Windows7 PCにXAMPPをインストールしました。 今回は、MySQLを使ってみようと思います。

まずMySQLサーバー起動

デフォルトの設定では、Windows7 PCを起動した際、XAMPPの各サーバーは停止している状態です。ですから、まずMySQLサーバーの起動を行います。起動はXAMPP Control Panelから行います。

スタートからプログラム>XAMPP>XAMPP Control Panelをクリック。

コントロールパネルが開きます。このように何も色がついていない状態ですと、すべてのサーバーが起動していない状態です。

今回は、MySQLだけを使うので、MySQLのActionにある「Start」ボタンを押します。

スタートボタンを押すと、このようにMySQLが緑色になります。また、下にMySQLが起動したというメッセージが表示されます。黄色になった場合はエラーがあり、MySQLが起動しなかったということになります。

以上の手順により、MySQLサーバーが起動しました。

MySQLを起動する

今回は、MySQをコマンドで操作します。Windows7 PCですから、コマンドプロンプトPowerShellで操作を行います。今回は、コマンドプロンプトを使用します。

スタート>プログラム>コマンドプロンプトをクリック。 コマンドプロンプトが立ち上がります。

XAMPPをインストールしたフォルダが「C:xampp」である場合、MySQLの実行ファイルは、「C:xamppmysqlbin」にあります。今回使用するのは、「C:xamppmysqlbinmysql.exe」です。コマンドプロンプトで以下のように入力します。

cd C:xamppmysqlbin

これで、「C:xamppmysqlbin」フォルダに移動します。

上記のように「dir」コマンドを打つと、ディレクトリの中身を見ることができます。 参照したファイル一覧の中に、「mysql.exe」があることを確認します。

MySQLにログインする

XAMPPインストール後、何もしていない状態なので、管理者権限の「root」ユーザーでログインします。

MySQLにログインするには、以下のコマンドを入力します。

mysql -u root

上記のコマンドは、「MySQLにrootユーザーでログインします」の意味です。MySQLには、「mysql -u ユーザー名」でログインできます。ユーザーにパスワードが設定されている場合は、「mysql -u ユーザー名 -pパスワード」でログインできます。「root」の初期設定ではパスワードが設定されていないのです。

上記のように表示されれば、ログイン成功です。

軽く操作してみる

簡単な操作をして見ます。まずは、データベースの一覧を表示します。 以下のコマンドを入力します。最後の「;」を忘れずに入力しましょう。

show databases;

下記のように、データベースの一覧が表示されます。

使用するデータベースを指定します。今回は、MySQLサーバーで使用されているデータベース「mysql」を指定します。以下のコマンドを入力します。

use mysql

「Database changed」と表示されれば成功です。

続いて、データベース「mysql」内のテーブル一覧を表示します。 以下のコマンドを入力します。

show tables;
下記のように、テーブルの一覧が表示されます。

テーブル「db」のデータを表示します。 以下のSQLコマンドラインから入力します。

select * from db;

下記のように、テーブル内のデータが表示されます。

MySQLを終了するときは、「MySQL>」の状態で「exit」。 コマンドプロンプトの終了も「exit」です。

今回は、MySQLコマンドラインから操作してみました。