サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

Windows7でPATH(環境変数)の設定

環境変数の設定がないと不便

Xamppのインストールが終了し、前回はコマンドラインからMySQLを使用してみました。 コマンドラインからMySQLを操作する際、何も設定していない状態だとその実行ファイルのフルパスを指定するか、そのファイルがあるフォルダまで移動しなければいけません。

(例)MySQLの実行

cd C:\xampp\mysql\bin
mysql -u root

 

毎回入力するのは手間がかかるので、今回はPATHに追加し、すぐにコマンド入力できるように設定します。

環境変数の設定

今回、環境変数に設定するのは、PHPMySQLです。 この二つをコマンドラインから使いやすくします。

それぞれの実行ファイル群の場所は以下のとおり。

これをPATHに追加します。

コントロールパネル>システム>システムの詳細設定

詳細設定のタブで「環境変数」をクリック

環境変数の中から、「Path」を選択し、編集する。

最後に、 「;C:\xampp\php;C:\xampp\mysql\bin」を追加してOKボタン。

正しく環境変数に追加されたかチェックして見ます。

コマンドプロンプトで「path」と入力。 Pathの内容がチェックできるので、上記のパスが追加されていることを確認します。

前回インストールしたComposerは自動でPathに設定されていました。 以下のパスが通されているか確認します。

C:\ProgramData\Composer\Setup\bin

これで、コマンドラインからすぐにコマンド入力が可能です。