サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

ペグごときにお金をかけて…いいんです。ユニフレーム(UNIFLAME) ステンレスペグを購入

強風でペグ購入を決意

a0555_000074_m

前回強風の中、スクリーンタープを使いました。しかし、最初から付属しているペグが貧弱で貧弱で(笑)。打ちにくい上に、強風でタープが倒れないか不安を感じました。たまに見回りしたのですが、若干抜けかかっているペグもありました。今後に備えて、丈夫なペグを購入することにしました。

 

ソリッドステークは買えねえ…

ペグといえば、スノーピークのソリッドステークですが、価格が高すぎて躊躇してしまいます。タープを安く買ったのに、ペグにお金をかけすぎては意味がありません。そこで、ユニフレーム(UNIFLAME) ステンレスペグを購入することにしました。

ユニフレームファイアグリルを使用していることもあり、ユニフレームは好きなブランドです。実際に商品を見ても、かっこいいし、価格も手ごろなのでステンレスペグに決めました。全部のペグを変える必要もないので、今回は6本入りを購入です。

実際に使ってみた感想

最近、またタープを張る機会があったので、早速使用してみました。タープのポイントとなるところで使用しました。タープの四隅・ストームガードの6カ所に打ち込みます。そのほかの部分は付属のペグを使いました。

実際に使ってみた感想は、まずペグダウンがしやすいです。コールマンの付属のペグは細くてハンマーで打ち込むところも面積が少ないです。ですから、空打ちすることもあったのですが、このステンレスペグだと面積が広いので、はずすこともなく、その分力を入れて打ち込めます。

その結果、随分と楽にペグダウンをすることができました。今回はふつうの芝に打ち込んだので、それほど力を入れる必要はなかったのですが、固い地面ではより活躍してくれるでしょう。

 

ペグごときにお金をかけて…いいんです

「ペグごときにお金をかけるなんて・・・」と思っていましたが、実際に交換してみると、もっと早く使ってみればよかったと思いました。コールマンのテント・タープは、安かったので、機能が不足しているパーツを交換してもそれほど懐も痛みません。コールマン製の商品でもいいなあと思いました。というわけで、今回のステンレスペグは満足できる買い物になりました。

ユニフレーム(UNIFLAME) ステンレスペグ 1本 ユニフレーム(UNIFLAME) ステンレスペグ 1本