サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

「キャプテンスタッグ大型火消しつぼ 火起し器セット」の感想

先日、バーベキューに行ったときに初めて「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)大型火消しつぼ 火起し器セット」を使用したので、そのレビューです。大型火消しつぼ・火起し器セットを購入しようと思ったのは、「消し炭を捨てるのってもったいないよなあ」と思ったからです。

処分に困る消し炭

春から夏、そして秋にかけてバーベキューを数回するわけですが、毎回でる消し炭って結構な量になるんですよね。バーベキューが終わるたびに、その消し炭をどう処分するかに迷うわけです。消し炭を捨てる場所があるキャンプ場では迷わないのですが、海の場合、捨てるところがありません。

そうなると、消し炭に水をかけたあと、人気のないところまでもっていき、埋めるということになるのですが、絶対安全というわけではありませんし、ある意味ゴミを捨てるわけですから、環境にもいいとはいえません。

 

省スペースな火消壺がほしい

そこで、火消し壷を購入しようと思ったわけですが、荷物の省スペース化を考えたときに、火消し壷でスペースをとられるとつらいのです。

せっかく買ったのに、スペースがないからもっていかないということになると、いつか使われなくなってしまいます。そんなときに見つけたのがこの大型火消しつぼ・火起し器セットでした。

 

火起こし器と火消壺がセットになっている!

この商品は、火消し壷と火おこし器ががセットになっており、火消し壷の中に火おこし器が収納されるものです。消し炭を入れるときは、火消し壷の中に火おこし器をいれて、そこに入れるというかたちになります。

その消し炭は、火おこし器内にありますから、次回使うときは、火消し壷から火おこし器をとりだし、そのまま着火して使えるというわけです。消し炭は着火しやすいですから、そこに未使用の炭を入れとくと、より火おこしのスピードがあがるわけです。

火おこし器の方ですが、円筒状になっています。下の方に新聞紙をひいた状態で炭を入れていき、新聞紙に着火すると煙突効果で炭に火がつくという代物です。

 

意外に使える火起こし器

購入した目的は火消し壷がメインだったので、こちらの火おこし器能はそれほど期待していなかったのですが、使用してみるとかなり便利なことを知りました。バーベキューに火おこしは必須の作業です。

今までは炭の下に新聞紙を引き、そこに着火するという作業を行っていましたが、風が強かったりすると火が消えてしまったり、新聞紙に火がついても炭にまで火が回らなかったりといったことがよくありました。

しかし、この火おこし器を使用してみると、一度新聞紙に火をつけたらつけっぱなしで炭に火が回ります。ですから、目の届く範囲においておけば、ほかの作業をすることができます。つまり時短になるのです。

今回のバーベキューでも、まずは火おこし器に炭をセッティングし、着火を確認してからしばらく放置。その間にタープの設営をしていました。タープの設営やいす・テーブルの設置が終わる頃には、炭に火がついていました。本当にらくちんです。

 

子連れキャンプで重要な”時短”

子どもを連れてのキャンプや、家族のみでのキャンプの場合、父親がすべての準備をしなければならないということがよくあります。

そのような場合、テント設営から火おこしのように作業を進めていくと、食事の時間が後ろにずれ込んだりします。そうなると、家族からはブーイングが起きてしまったりするんですよね。この火おこし器を使えば、時短ができ、ほかの作業を行う時間が生まれます。

 

着火してから少し待つくらいがちょうどいい

今回の反省点としては、火が起きて着火を確認してからすぐにバーベキュー台に炭を移したのですが、炭って着火してしばらくたってからの方がいい状態になりますよね。

今回はすぐにバーベキュー台に移したので、最初のうちは日が強くなり過ぎました。後半にいい火加減になってきたのをみると、もう少し火おこし器の中で燃焼させておき、炭が落ち着いてから移した方がよかったなあと思っています。まあ、こういったことができるのも、火おこし器があるからですよね。

 

使用上の注意点

この大型火消しつぼ・火起し器セットの注意点としては、火消し壷として使用し始めたときは、本体がかなり熱くなるということですね。炭が入っているので当たり前の話なのですが、今回ついついさわって軽くやけどをしました。

大人でもそうなのですから、子どもは特に注意が必要です。火消し中には、子どもの手の届かないところにおいておくことが重要です。また、それにふれる可能性があるのは、自分のファミリーだけではないので、他の人、とくに子どもが誤ってふれないように、しっかりと管理できるところにおく必要があります。

また、完全に密閉されているわけではないので、車やテントなど換気の悪いところでは注意が必要です。火が消えたと思っても、しばらくは消えていないということもあります。そのようなときに換気の悪いところにおいておくと、一酸化炭素中毒のきけんせいもありますから、十分注意する必要があります。

 

価格と機能のバランスよし

このように、何点か注意しなければいけないポイントもありますが、価格と機能を考えるとかなりお得なセットであることは間違いないと思います。バーベキューを頻繁に行う方、火おこしに自信がないという方、火おこしの時間を短縮したいと考えている方は、持っていて損がない商品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消しつぼ 火起し器セット キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消しつぼ 火起し器セット