サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

自宅にLinuxサーバー(CentOS6)をたてる

クラウドと仮想化が流行ですが、あえて自宅に物理サーバーをたてることにしました。
というのも、過去使っていたWindows XP機が余っているので、勉強がてらやってみようと思ったのです。

リアルなサーバーを構築することでわかることもあると思うので、学習のためにやってみます。








今回使用するPCはこちら


Lenovo IdeaPad S12



ちなみに、ディスプレイが割れて普通には使えません。

省電力ですし、ハードディスクもそれなりにあるのでサーバーとしては使えそうです。
公開はせずに、自宅LAN内でファイルサーバーやプリンタサーバーとして使おうと思っています。

OSはCentOS6を


インストールするLinuxディストリビューションは、CentOSにしようと思います。
個人用とで使うので、Ubuntuのデスクトップ版とかでもいいかなと思ったのですが、勉強のためというのもあるので、業務で使う確率が高いCentOSにします。

PCが32bitなので、最新のCentOS7ではなく32bit版のあるCentOS6にします。

次回はまず、CentOS6のインストールDVDを作成します。