サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

背もたれがついているそり「スノーサーフィン」。子どもがいる場合は、大活躍!

我が家には冬の必需品といえるものがあります。その名も「スノーサーフィン」。…ただのそりなのですが、これが色々な使い方ができてとても便利です。特に小さな子どもがいる場合には、重宝すること間違いなしです。ホント、おすすめしますよ。

IMG_20150208_073521

 

雪国での子育てに必須の”そり”

雪国で子育てをしている方ならわかると思うのですが、冬場にそりというのは役に立ちます。本来の使い方である雪遊びにも使えるほか、子連れで近所のスーパーまで買い物といった場合にも使えます。

車が使えればいいのですが、車が家になかったり、車を使うまでもない距離だったりすることがあります。

雪国にお住まいでない方は、近所への買い物にそりで行くというのは想像できないかもしれませんね。でも、私の住んでいる札幌では、子どもをそりにのせ買い物に行くお母さんをよく見かけます。

まだ、歩くのがおぼつかない子どもの場合、雪道を歩かせるのはとても危険です。つるつる滑りますし、地面はアイスバーンでカッチカチなので、頭を打っては大変なことになります。また、車道脇には雪山が身長より高く積み上げられているため、車から子どもを確認しにくいということもあります。

そんな状況で、子どもが自由に歩き回るのは危険なのです。そのような場合でも、それに乗っていればある程度安心です。子ども目線で考えても、そりで引っ張ってもらえるのは楽しいので、「そりに乗りたい?」と誘うことによって、グズッたりイヤイヤされることなく買い物に連れ出すことが出来るのです。

子どもを抱っこしながら雪道を歩くのは大変です。転んでは大変ですし、滑りますから気を使います。 買い物をした後でも、子どもと荷物をそりに載せ、引いてくればお母さんの負担も少なくなるのです。

そんなわけで、雪国の子育てにとって、そりは重宝されるものなのです。

 

スノーサーフィンをすすめるわけ

このスノーサーフィンが他の“一般的なそり”と違うところは、背もたれがついているところです。この背もたれが本当に便利です。

この背もたれがあることにより、子どもが安定します。1歳くらいの小さな子ですと、背もたれがないそりに乗ると安定して座ってられません。後ろに倒れるため、泣いてしまったりします。ひどいと落ちてしまうことも…(そして親がしばらく気づかなかったり笑)。

でも、このスノーサーフィンだと、背もたれがあるので安定して座ることが出来ます。子どもにとっては安定するため、安心して乗っていられるようです。それは、我が家で上の子も下の子も体感済みです。

さらに、前述したとおり買い物にそりを使った場合でも、この背もたれがあることによって、買い物袋が安定して、落っこちることがあまりなくなります。遊びのシーンでも買い物のシーンでも、この背もたれがあることによって、便利になるのです。

さらに、このスノーサーフィンは、一般的なそりよりも大きいです。ですから、子どもでしたら余裕で二人乗ることも出来るし、大人と子どもでも乗ることが出来ます。二人乗りが出来るので、親子でそり遊びを満喫することが出来ます。

値段は一般的なそりに比べて割高ですが、上に書いたような利便性がある上に、丈夫に作られているので長く使えます。うちではすでに3シーズン目です。かなり酷使しているのですが、壊れることなく使えています。おそらく普通のそりだったらすでに壊れているような気がします。

 

お勧めです

そんなわけで、このスノーサーフィン、我が家では一押しです。雪国で子どもがいる家庭なら、“一家に一台”あって損はないと思います。ぜひ、使ってみて欲しいなと思います。

 

パール金属 スノーサーフィン レッド M-1528

価格:3,484円 (2015/2/8 06:28時点) 感想(0件)

 

パール金属 スノーサーフィン[レッド]M-1528

価格:3,484円 (2015/2/8 06:29時点) 感想(0件)