サッポログ

札幌にUターンしたサラリーマン。札幌での生活を中心に、IT関係・ガジェット・子育て・アウトドア・家庭菜園・カメラ・釣り・グルメなど。

妊娠がわかったときに、父親が商品選びに参加した方がいいモノ(1)

子どもが生まれるまでに

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106

妊娠がわかり、10ヶ月後に子どもが生まれるということになると、いろいろと購入しなければいけないものがあります。服や衛生用品など、そろえなければいけないものは多岐にわたります。

それらは、”母親が選んだ方がいいもの”であることが多いです。一部の例外をのぞいて、子どもに接する時間は母親の方が圧倒的に多くなるからです。

こんなことを書くと、「イクメン失格だね」とか言われそうですが、現実には父親は仕事もあり、子どもに接する時間は母親の方がおおくなりますよね。これは仕方のない現実です。私個人的には、育休をもっと取得しやすくなればと感じていますが、現実はまだまだです。

話がそれました。”母親が選んだ方がいいもの”とはどんなものかというと、赤ちゃんの産着やタオルを買いそろえようとしたときに、父親はピンとかないことの方が多いと思います。

どんな素材がいいのか、どんなかたちが使いやすいかなどは、母親の方がこだわりや希望があり、そんなときは母親が商品を選んだ方がいいのです。

 

父親が選ぶべきもの

一方、父親が選んだ方がいいというものもあります。たとえば、ベビーカーやチャイルドシートなどは、商品によって機能が大きく異なります。

そういった機械的な機能の違いについて理解できるというのは、男性の方が割合が高いのではないでしょうか。そのような商品は、父親がしっかり機能と価格を確認して購入する方がよかったりするのです。

赤ちゃんのための準備というと、父親はついつい母親に任せがちです。「赤ちゃんが産まれてもいないのに、そのためのモノ選びなんかできないよ。」と思うことも多いと思います。

しかし、自分の得意のモノだけでも手伝うことで、後悔のない商品購入ができるかもしれません。そして、意外にそういった商品選びは楽しいですし、夫婦二人で赤ちゃんを迎える準備をしているという感覚は、夫婦の絆を強くしてくれるでしょう。

このカテゴリーでは、父親が選んだ方がよいと思われる商品を挙げ、個人的におすすめの商品も紹介していこうと思っています。